メディア向け

国内初、ハッシュタグやグラフでお金の管理が可能な 「レコード機能」を銀行アプリに搭載 ―他行口座・クレジットカード・電子マネーの資産・入出金履歴を一元管理―

2021.04.26

株式会社みんなの銀行(取締役頭取 横田 浩二、以下「みんなの銀行」)は、株式会社マネーフォワード(代表取締役社長CEO 辻庸介、以下「マネーフォワード」)と協働し、2021年5月下旬に予定しているみんなの銀行のサービス提供開始に合わせて、みんなの銀行スマートフォンアプリ(以下「本アプリ」)で、他の金融機関口座・クレジットカード・電子マネーの資産/入出金履歴を一元的に管理できる「レコード機能」を提供します。銀行アプリ内において、ハッシュタグやグラフといったユニークなデザインでお金の管理を実現するのは国内銀行初の取組みです。

提供開始の目的

今回、マネーフォワードとの協働により、同社のアカウントアグリゲーション技術※1を活用して、銀行やクレジットカードなど1,300以上の金融機関・金融関連サービスと連携することで、レコード機能の提供が可能になりました。レコード機能により、本アプリで他行口座なども含めたお金の出入りを一元的に可視化・管理できるようになることで、お金の管理の煩わしさを解消するとともに、自分の資産の状況がタイムリーに分からないという不安を払拭することを目的にしています。また、その場で不足分の借入や余剰資金の貯蓄なども行うことができるフリクションレスな体験の提供も目指しています。

※1:APIまたはスクリーンスクレイピングを用いて、データの取得を行う技術

サービスの特長

article_0426_01.png

他の金融機関・クレジットカード・電子マネーなどを連携し、資産/入出金履歴を一元管理することが可能です。他行の預金残高や入出金明細、クレジットカードの明細・引落予定額、交通系ICカードの利用履歴などの情報も、本アプリで確認・把握することができます。

article_0426_02.png

取引明細に、メモ代わりにハッシュタグ(♯)を付けて分類したり、グラフで毎月のお金の動きを見れるようにすることで、ライトなお金の管理を実現します。ハッシュタグは、「仕事」「家族」「ランチ」など自由につけることができ、ライフスタイルに合わせてご活用いただけます。

みんなの銀行レコード機能 サービス概要(予定)

(1)名称
みんなの銀行レコード

(2)協働事業者
マネーフォワード

(3)みんなの銀行の立場
電子決済等代行業再委託者(連鎖接続先)

(4)年会費(手数料)
無料(基本)

(5)主なアプリ機能
連携金融機関・金融サービスの資産/入出金履歴の一元管理、ハッシュタグによる入出金分類・集計、グラフによる収支可視化

PDFはこちら

本件に関するお問合せ先

株式会社みんなの銀行 コーポレートコミュニケーショングループ(担当:今村・市原・中原)
TEL092-791-9231 E-mail: pr@minna-no-ginko.com

  1. 会社概要TOP
  2. ニュース
  3. ニュースリリース
  4. 国内初、ハッシュタグやグラフでお金の管理が可能な 「レコード機能」を銀行アプリに搭載 ―他行口座・クレジットカード・電子マネーの資産・入出金履歴を一元管理―

みんなの銀行アプリを
今すぐダウンロード!